ラクトフェリンとチーズ|ラクトフェリン口コミ

ラクトフェリンとチーズについて

今までなんどもご説明しましたが、ラクトフェリンは熱に弱い性質を備えることから、なかなか食品から摂取するのは難しいと言われていますね。なのでラクトフェリンを食品により摂取するなら加熱処理をされる前の生乳か、ナチュラルチーズを選ぶことがだいたい挙げられていますよね。
ただ生乳とナチュラルチーズを選んだとしても、ラクトフェリンを摂取できるのは微量になってしまいますよね。それでも日常的にチーズを食べる習慣が多く、冷蔵庫に常備するなら、ラクトフェリンを摂取できるナチュラルチーズを選びたいと考える人はいるでしょう。そんなライフスタイルなら、どんなチーズの種類を意識して選べば良いのかをご紹介しましょう!

 

ラクトフェリンとチーズの関係

 

ラクトフェリンはナチュラルチーズから摂取できると伝えられますが、チーズは他にもプロセスチーズに分類されます。プロセスチーズも耳なじみがあり、もしチーズを食卓に取り入れるなら、よく自分が購入するのはどちらだろうと気になるでしょうね!
まず日本で日常的に食べられるとすれば、だいたいがプロセスチーズになります。きっと日本の家庭なら冷蔵庫にスライスチーズか、丸いケースに収納される6ピースのチーズが常備されるのではないでしょうか。どちらもプロセスチーズになり、いずれもラクトフェリンは摂取できません

 

まずプロセスチーズはナチュラルチーズが原料となり、それを加熱処理されているわけですから、これはラクトフェリンを摂取できないのは納得ですね!もちろん加熱処理されることでチーズは保存が効き、スパイスを加えるなど加工をしやすいことから、多彩な商品化に最適なのがプロセスチーズの特徴でもあります。プロセスチーズは風味が一定なこともあり、用途によって違うタイプを選んでも、チーズとしての味は想像通りという印象でしょうね!

 

それがナチュラルチーズになれば、牛乳から発酵させ熟成させたタイプが主流になります。つまり加工されてない自然なままのチーズということで、その通りにナチュラルチーズと呼ばれます。乳酸菌も生存することから、ラクトフェリンの摂取も可能になるのでしょうね!ナチュラルチーズはクセがあるタイプが多く、原料となる乳の独特の風味が色濃く残ります。製造方法や材料に乳酸菌だけでなく、カビを利用することもあり、原産地の風土が影響するというのも特徴的ですね。
またナチュラルチーズは発酵から熟成させることで風味が高まるので、食べ頃があるなど個性派がそろいますよ。プロセスチーズとは違う意味で、やはり幅広く多彩な種類が存在し、きっとチーズ好きなら売り場を眺めるだけでも楽しめるでしょうね!

 

 

選びたいナチュラルチーズの種類

チーズからラクトフェリンを摂取するにナチュラルチーズを選ぶことは条件ですが、わりと日本の食生活でもなじみがある6タイプに分けられます。

 

フレッシュタイプ

作りたてのチーズの風味を楽しめ、水分は多めで酸味を味わえますが、もちろん熟成タイプではありませんよ!
モッツァレラチーズやカッテージチーズが、このタイプの代表です。

 

白カビタイプ

日本人でもチーズ好きに白カビチーズは人気が高く、表面に白カビが広がることで独特な風味を楽しめます。
白カビタイプは熟成されるほど中はクリーム状になることで、トロリとした感触が伝わり、カマンベールチーズやブリ―チーズなどが代表的です。

 

青カビタイプ

クセがあることで好みが分れやすいチーズになりますが、内部に青カビが存在することで、見た目にも独創的な模様が描かれます。
また熟成を楽しむチーズともいわれ、ゴルゴンゾーラチーズ、ロックフォールチーズなど代表的です。

 

ハードタイプ

ここにセミハードタイプも含まれますが、プロセスチーズの原料になります。
生乳から作られ、乳酸菌を使い熟成させる工程を経て、どちらというと硬めのチーズです。
ゴーダチーズ、チェダーチーズ、エメンタールチーズなど。

 

超ハードタイプ

年間を通して熟成させるという硬質のチーズになり、分かりやすいのがパスタなど食前に粉チーズにして食べたりする時に使われます。
パルメザンチーズが代表されるように、飲食店では目の前で粉チーズにしてくれるタイプになり、最近は粉チーズ状になり市販される商品もあります。

 

その他

日本では馴染みが薄く、チーズ専門店などで扱われるタイプが多くなり、例えば山羊乳から作られるシェーブルタイプなど。
他にもウォッシュタイプとされる、チーズの表面をお酒や塩水で洗ってから熟成させるチーズがあります。

 

 

ナチュラルチーズの豆知識

 

もちろんチーズの本場はヨーロッパですから、ナチュラルチーズは伝統的に生産されことでも、郷土色の彩りは豊かになりますよ。チーズの名前が産地の地名に由来するタイプが多く、フランスならカマンベールチーズとロックフォールチーズが象徴的になります。スイスはエメンタールチーズ、イギリスはチェダーチーズとスティルトンチーズ、オランダはゴーダチーズが代表的です。
またイタリアはヨーロッパでもチーズを広めた国とみられ、ミラノなど北イタリアは牛乳、シチリアなど南イタリアは羊や山羊乳から作られるという違いがあります。
また日本からすると珍しい印象として伝わるのは、水牛の乳も使われるチーズがあるそうですよ!
さらにイタリアはチーズの種類が多いことを日本でも知られるように、引きちぎるモッツァレラチーズや、リコッタチーズのような二度煮してホエイするタイプなども存在しますよね。
ヨーロッパではナチュラルチーズが食卓にも並びやすいことから、きっと日常的にラクトフェリンが摂取できる食生活と考えられますね!