ラクトフェリンのヨーグルトとサプリメントを比較|ラクトフェリン口コミ

ラクトフェリンのヨーグルトとサプリメントを比較

ラクトフェリンについて調べると、ヨーグルトとサプリメントによる摂取が主流になってきますが、どちらが効果的なのか気になるところ!
ラクトフェリンで重要なことは、毎日続けることが効果を期待できる秘訣のようです!ラクトフェリンを始めるに、ヨーグルトとサプリメントのどちらも継続するのが可能なライフスタイルや生活リズムなら良いのですが、できたら一方に集中したいという考えも多いはず。
ラクトフェリンを続けることを条件として、ヨーグルトとサプリメントについて比較検討をしてみましょう!

 

ラクトフェリンのヨーグルトについて

ラクトフェリンのヨーグルトは森永乳業で発売される商品が代表的となり、「ラクトフェリンヨーグルト」や「ラクトフェリンとビフィズス菌BB536」などがありますね。
まず「ラクトフェリンヨーグルト」は一般的に個別で売られるタイプのヨーグルトで、内容量は120gになります。多分スーパーなどヨーグルト売り場を探せば、そこで「ラクトフェリンヨーグルト」は販売されるタイプの商品です。また「ラクトフェリンヨーグルト」はプレーンですが、加糖のヨーグルトになります。小売価格は120円ですから、きっと実際はこれよりやや安価で販売されるかもしれませんね!
そして注目のラクトフェリンは100mgも配合され、ヨーグルトを選ぶなら「ラクトフェリンヨーグルト」を意識してくださいね。
そして「ラクトフェリンとビフィズス菌BB536」の方は、宅配のみで購入できますよ。だから「ラクトフェリンとビフィズス菌BB536」は毎朝ヨーグルトを習慣にするにも、配達されることでラクトフェリンを続けやすいというメリットが考えられます。こちらは内容量100gなので、個別のヨーグルトでもやや小ぶりサイズでしょうね。やはりラクトフェリンは100mgも配合され、毎日続けるに理想的なヨーグルトでしょう!ただ森永の宅配ミルクはネットなどで商品の価格を一切公表されず、コストについて不明になります。

 

ラクトフェリンのサプリメントについて

ラクトフェリンのサプリメントもいくつかありますが、その商品によって胃で溶けるのか腸で溶けるのか違いがあるようです。ラクトフェリンへの考え方自体が違いますので、一概にどちらがいいとはされていませんが、人それぞれ胃で溶けた方が、腸が溶けた方が効果が感じられると違いがあるようです。まずはトライアルパックのような試してみるのがおすすめです。

 

 

ラクトフェリンはどちらが効果的なの?

ラクトフェリンを続ける場合、ヨーグルトとサプリメントのどちらかで摂取することを考えるなら、選ぶにどちらが効果を期待できるのでしょう?ただ条件として毎日摂取するということは外せませんが、一番気になるコストの面ではヨーグルトの方が安価で続けやすいと考えられます。

 

しかし価格は安くてもラクトフェリンの効果を実感できないと、どうしても心理的に続けるのが難しくなってしまいます。
その視点から比較すれば、ヨーグルトなら1日1個でラクトフェリンの配合量は100mg、サプリメントは1日3粒ほどで100mg以上になります。
もちろんラクトフェリンは多く摂取できる方が、健康機能を高める作用も期待できる
でしょうね!